南フランスグラース 魅惑ローズのしずく

南フランスのグラースは、フレグランス産業発祥の地として未だ健在です。
そのグラースでローズのエッセンシャルオイルを花の摘み取りから見ることができる映像がありましたのでご紹介します。
花は手摘みで、花を摘む様子がよくわかります。
昔、写真では見たことがあるのですが、今時は動画で見ることができるのでいい時代になりました。
さて、動画の言語は残念ながらフランス語なのですが、ローズの摘み取りの様子から抽出するまでを映像で見ることができます。
フレグランスができるには原料がどうつくられるのか知るのは、いいことだと思います。
途中ドゥマシー氏(François Demachy)も映像に出てきます。ディオールパフューマーです。
ローズの花を摘んで、釜に仕込まれ、オイルができます。そして、つくられたローズオイルを使ってパフューマーが香りに仕上げる流れは個人的に好きです。
香りがつくられる流れに歴史を感じます。

本来のフレグランスの話題ではありませんが、ドゥマシー氏がちらっと映っていたので気になり投稿しました。

ご興味のあるかた向けの投稿です。

Grasse, la ville aux mille parfums

フランスの水仙

水仙の香りを香料に。
水仙の香りをご存知ですか?
冬から春にかけて様々な種類の水仙が咲きます。
水仙の香りはいい香りなのですが、残念なことに天然香料として量産できません。
めったにお目にかかることのない、またはみることもない存在です。
その水仙、フランス語でナルシスのコンクリートをつくる工程を見ることが出来ます。
貴重な映像です。
フレグランスとは直接関係ありませんが、素材として使われているフレグランスもあるので一度ご覧ください。
水仙の花をどう摘むのか、どの位摘むのか、どのように仕込まれ、どんな状態で完成するのかを知ることが出来ます。
ナルシスと聞くと、キャロンのナルシスノワール(Narcisse noir)を思い出すのは年のせいでしょうか?
私より年上の方は、黒水仙と呼ぶ方もいらっしゃいました。
懐かしい。
はじめてナルシスの花の摘み方を知りました。
映像の言語はフランス語+英語の字幕です。
映像だけでイメージはわかりますのでお気軽に・・・。

IFF-LMR Harvests French Narcissus

シャネルの新しい香り Gabrielle

シャネルのから秋に新しいフレグランスが発売されます。
名前はGabrielle。シャネルの創業者、ガブリエル・ボヌール・シャネルからつけたようです。
ココ・シャネルのココは、彼女の愛称です。
力の入ったフレグランスになりそうです。
シャネルも N°5、チャンスなどを色々アレンジしたものばかり発売していました。
調香師はIFFから移籍したOlivier Polge(オリヴィエ・ポルジュ)。
N°5 L’eauなど今まであった香りをアレンジして創ったものを除くと、オリヴィエ・ポルジュの創ったシャネルでの初の完全オリジナルフレグランスのようです。
しかも、シャネルから15年ぶりの新しいオリジナルの香り、期待が高まりますね。

オリヴィエ・ポルジュも父であるJacques Polge (ジャック・ポルジュ)からシャネルの調香師を引き継いで、今回どんな香りに仕上がっているのか気になります。
日本では、9月に発売と告知しています。

各ブランドも世代交代してますね。

シャネルサイト 告知ページ

Telegraph UK Chanel announces its first fragrance in 15 years

日本発のフレグランス J−Scent(ジェイセント)

世の中フレグランスと言えば、フランスのブランド、ニューヨークのブランドが頭に浮かびます。日本のブランドと言えばまだまだこれからです。

そんな日本発のフレグランスの新商品体験会があるのでご紹介します。

日本発のフレグランス J-Scent
和の香りがテーマの香りで、今回3つの香りが新たに加わるようです。
ラムネ・ゆず・力士 の3種類です。

ラムネ・ゆず は、日本を代表するよいイメージの香りです。
ラムネを何を持ってラムネを表現しているのかは気になるところです。

そして、力士は、いま大相撲も話題でニュースでもテレビでよく見かける事が多いです。香りもどのようになっているのか気になりますね。
海外でも話題になりそうなネーミングです。

大阪で先行発売を行うようです。

先行発売をおこなうお店は、
大阪梅田 蔦屋書店
〒530-8558 大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクア イーレ9F

6月30日(金)から新商品を先行発売するそうです。
6月30日(金)~2017年7月14日(金) J-Scent 全9種類を購入できるとのことです。

お近くの方はぜひ試したいところです。

詳しくは以下のリンクよりご確認ください。

T-SITE

J-Scent

日本発のフレグランスが世界に広がるとイイですね。

雑誌:Perfumer&Flavorist(パフューマーアンドフレバリスト)

とてもマニアックな情報です。
パフューマーアンドフレバリスト(Perfumer & Flavorist)という雑誌をご存じでしょうか?
英語雑誌なのですが、とても専門的で香料業界向けの雑誌です。

一般的な雑誌ではないので、すこし小難しいのですが、役に立つ情報が満載です。
エッセンシャルオイルの分析や食品香料(フレーバー)の情報もあり
とても参考になります。

一般的ではないので、すべての人に役に立つ雑誌ではありませんが、
最新の情報があり世界の動向を知るよい情報源です。

さて、このパフューマーアンドフレバリストですが、以前は、紙媒体の雑誌とデジタル書籍として費用がかかりました。

なんと、今は登録すれば、デジタル版が無料で読むことができます。
サイト自体もおもしろい情報があるのでフレグランス好きな方は気に入ると思います。
また、普段知らないフレーバーの世界についての記事もあるので興味深いです。

興味のある方は、登録してみてはいかがでしょうか。
サイトの右上に新規登録のリンクがあります。

Perfumer & Flavorist